ホーム 環境目次 売場案内 サービス業務 

2011年11月4日

畠山さん御一家2回目の訪問、弊社2tトラック、牡蠣から帆立の種付けにこのトラックが必要とのことで同志6名と1泊2日で往復1350kmを走破しました。左写真は次男の畠山耕さんと津波を免れた自宅前で撮影。2日目は陸前高田、大船渡、釜石、遠野をまわり、花巻ICから帰宅しました。右の写真は壊滅的打撃を受けた陸前高田市です。やっと瓦礫の撤去を終えた状態です。あまりに悲惨な状況でみな言葉を失いました。

 

2011年5月21日

宮城県気仙沼市唐桑町舞根 「森は海の恋人」の畠山重篤さんご一家を見舞いました。横芝光町店で使用していた配達用 軽ワゴン車1台をプゼントしました。舞根湾は巨大な津波に襲われ、集落の90%は根こそぎ土台だけ残して崩壊しました。約15m以上の高さの津波だったそうです。奥様がそのときの模様を事細かに説明してくださいました。湾から20mの高さにある自宅から裏山に逃げ命が助かったそうです。

一日も早くあの豊穣の湾 舞根が復活するようお祈りします。横芝光から車両2台 町長斉藤隆、折笠、茂原石井、藤城4名で朝3時スタート、片道600km 約10時間の行程を日帰りで行ってきました。軽での高速はやはりキツかったです。でも被災者の皆さんが喜んでくれたので本当に良かった。気仙沼の市内は火事にも遭い地獄のような瓦礫の山でした。

   

東日本大震災義援金

横芝光町店 ¥103,305  東金店 ¥80,974

お客様よりたくさんの御寄付を頂きました。

横芝光町店  3月28日  東金店  5月9日
中央募金会を通じ被災者の皆様に送金しました。
あたたかいご支援心より厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました。

村の市場 店主

 

11.04.10日被災地 いわき市へ同志とともに避難所を訪ね義援活動を行ってきました。

大里のメンバーに同行し、石井正雄、向後善之、鵜ノ澤常吉、実川泰弘、藤城吉雄5名参加。

甘酒150人分(関口洋子寄贈)豚汁150人分(村市寄贈)、ゆで玉子150個(北辰鶏卵寄贈)

持参し、義援金を使って、レタス5C/S キャベツ5C/S キューリ5C/S 新鮮野菜を運びました。

午前3時スタート、帰着はPM7:00でした。往復400kmの行程でした。

 

の市場 横芝光町店 3.11大地震の翌日 停電の中お店を運営してお客様よりお便りをいただきました。

「先日の地震の時、停電で付近のスーパー、コンビニが閉店している中、唯一お店を開け食料品の販売をして下さりありがとうございました。一本のペットボトルを持っているだけで、どんなに心強かったか・・・本当に助かりました。また断水にもかかわらず惣菜まで用意して頂き感動さえしました。“地域の公器”だと思いました。一生忘れません。ありがとうございました。」

横芝光町 主婦 匿名希望 平成23319